優秀事例の支援団体として採択されました。

プリンタブルセンサーコード研究組合は、8月28日つくば市主催の「つくばSociety5.0社会実装トライアル支援事業」において、優秀事例として支援団体として採択されました。


採択された他の団体は、筑波大・Co-LABO MAKER・Blue Industries・ペンギンシステムです。


同市は、革新的な技術やアイデアを活用した実証実験の提案を全国から公募し、優れた提案については実証実験をサポートを行います。


プリンタブルセンサーコード技術研究組合

カラーコードと感温インクを組み合わせ、印刷技術でパッケージをスマートパッケージにする技術開発を行っております。